過払い金や離婚相談は弁護士に【弱者を守る正義のナイト】

lawyer professional

当人同士では揉める

lawyer careers

離婚専門弁護士が登場してくるようになりました

よほどお金持ちでない限り、個人が弁護士と顧問契約を結んでいるようなことはまずありません。それ以前の問題として、弁護士を利用した経験が一度もないという人が大部分を占めています。日本人はもともと争いごとを好まないという国民性を有していますので、何かトラブルが発生してしまうことがあったとしても、内々で穏便に問題解決を図ろうとする傾向が強いです。夫婦が離婚するような場合にも同様のことが言え、弁護士などの第三者の助けは借りずに、当事者間で離婚の話し合いをまとめようとする人が大半です。しかし、現実的なことを考えると、夫よりも妻の方が不利な立場にあるケースが多く、弱い立場の妻が一方的に泣き寝入りを強いられることになる可能性が高くなっています。実際に苦境に立たされてしまう妻がとても多いため、そのような弱い立場の人を救済すべく、離婚問題を専門に取り扱う弁護士が登場してくるようになりました。

専門家のサポートを受ける人が増えるだろうと予想されています

一昔前に比べると、法律事務所の敷居が格段に低くなった感があります。昔は、よほどのことがない限り、弁護士に相談してみようなどと考える人はいませんでした。料金が高いという問題があっただけでなく、個人的なトラブルを相談したとしても相手にしてもらえないというイメージが定着していたためです。しかし、ここ数年、法律事務所のコマーシャルがテレビで頻繁に流されるようになりましたし、電車内で広告を見かけることも多くなりました。昔に比べると法律事務所がグッと身近な存在に感じられるようになったため、離婚相談などをするために弁護士の元を訪れる人が増えてきました。弁護士は法律の専門家ですから、後悔しない離婚をするための具体的かつ有効な法的アドバイスをしてくれます。とても頼りにすることができるため、今後は離婚する際に弁護士のサポートを受ける人が増えるだろうと予想されています。