過払い金や離婚相談は弁護士に【弱者を守る正義のナイト】

lawyer professional

エネルギーが必要

lawyer careers

後悔しないために

離婚するためには、結婚する際の数倍のエネルギーが必要になると言われています。少し乱暴な言い方をしてしまうと相手のことが嫌いになって別れるわけですから、話し合いの最中に相手の人格を否定するような言葉が飛び交うことがよくあります。そのため、ようやく離婚が成立した時には、心身共に疲れ切ってしまっているケースが多いです。たとえ体や心がズタボロになってしまっていたとしても、希望通りの条件で離婚することができた場合であればまだマシです。しかし、実際には話し合いの途中で疲れ切ってしまい、自分の希望を通すことを諦めてしまう人がたくさんいます。今後の人生がかかっている重大な問題ですから、悔いを残すような形でまとめてしまうべきではありません。後悔したくないのであれば、弁護士の専門サービスを利用するのが一番です。料金面の心配をする人が多いですが、弁護士に調停のサポートを受ける場合であれば、概ね50万円前後の費用がかかります。ただし、無料の離婚相談サービスを提供している弁護士もいますので、探してみることをおすすめします。

協議離婚で弁護士を利用する人が増えてきました

一昔前までは、離婚問題で弁護士を利用するというと、当事者間の話し合いが決裂して、調停もしくは裁判を起こす必要に迫られている場合に限られていました。弁護士の料金は決して安くありませんので、裁判所を介する手続きが必要にならない限り、弁護士を利用しようとする人がいなかったのが実情です。しかし、時代の移り変わりと共に人間関係が希薄になり、離婚問題で揉めて精神的に辛い思いをしている時に、知人や身内からのサポートを期待することができない人が多くなりました。以前はそのような個人的サポートを得ることができたため、裁判等にならない限り、弁護士の利用を考えない人が多かったという一面があります。でも、現在はそのような種類のサポートを受けることができなくなってしまったため、協議離婚であったとしても弁護士を利用する人が多くなっています。